FX自動売買の始め方

By: GotCredit

資産運用方法はたくさんありますが、直接通貨の取引をするFXは大きく資産を増やすことができる資産運用方法の一つです。特にFXは、自分が口座に入れた金額の何倍もの額で取引することができますから、上手くいけば資産を数十倍にすることも不可能ではありません。しかし、このような売買は、損失も同様に膨らむ可能性がありますから、注意してトレードをしていくということが大事になってきます。これからFXを始めようという人は、しっかりとトレードの技術を身につけてから取引を開始した方が良いでしょう。

しかし、中にはすぐには取引技術を身につけることが難しかったり、そもそもそのような技術を身につける時間的な余裕がないという人もいるかもしれません。そのような場合は、FX自動売買を利用して利益を上げる方法があります。これは最近多くのFXを扱っている金融機関が取り入れているトレード手法であり、機械が自動的に通貨の売買をするというトレード手法です。これを利用して、トレードをする場合は、まずはFXを扱っていて自動売買を扱っている金融機関に口座をもつ必要があります。

FX自動売買のサイトで紹介されている会社で口座をつくったら、金融機関が提供している売買ルールを選択します。この売買ルールは、トレードのプロフェッショナルが作成した売買ルールになっています。その数は数種類あり、これまでの勝率も見ることができます。これらの中から、自分が最適だと考えられる売買ルールを選択します。売買ルールを選んだら、後は機械がその売買ルールに基づいた売買を繰り返すことになります。また、売買は放っておいてもできますから、わざわざパソコンの画面に張り付いている必要はありません。

ただし、どのくらいの利益が出たのか、損失はどの程度かといったことは確認しておく必要があります。いくら、トレードのプロフェッショナルが作成した売買ルールだとしても、損失が全くでないということはありません。もしも、自分が良いと考えた売買ルールでは、あまり利益を上げることができないかもしれません。そのような場合は、他の売買ルールを選択するかということを判断する必要があります。

Posted under 未分類

システムトレードで自動売買

By: Anthony Easton

これまでであれば、老後の生活は預貯金や退職金、支給される年金で十分に生活をすることができましたが、それはもはや昔の話であり、年金も支払った金額より受け取れる金額のほうがすくなくなってしまうことが予想され、退職金も退職時に受け取るのではなく毎月の給料に含まれていたりと勤めている企業もいつどうなるのか分からない状況のための制度でもあるのです。老後になって困ってしまうのは現役時代に労働所得でしか収入を得てこなかった人が多くなることが予想されます。

労働所得しかない場合、引退してしまうと収入が急激にダウンして生涯収支もマイナスになってしまうのです。このようなことを避けるためにも株や債券、為替や貯蓄性の高い保険商品、不動産などで資産運用で不労所得を得るなど備えていかなければならないのです。しかし、資産運用にはリスクがつきものです。不労所得で自由な時間を手に入れることができる反面、自分の相場観や勘を頼りにしたり感情的なトレードをしてしまうと高い確率で損をしてしまうことにもなります。局面局面に応じてどういったトレードをするのか判断ができるのがプロのトレーダーであり、素人の個人投資家では経験も分析力も運用できるお金も少ないですのでどうしても感情的なトレードとなってしまうのです。

プロと対等に戦うにはFX自動売買で運用をしてみることです。FX自動売買は、導入をすることで自分がトレードをしているチャート上に売買のサインを出してくれるものや自動で運用をしてもらえるものまであります。プロの投資家の判断をそのまま利用できるのがFX自動売買です。パソコンの前にいなくても自動で運用ができます。そのため日中仕事でパソコンの前にいることができないかたでも、FX自動売買を活用すれば日中仕事中や寝ている間でも自動で相場を監視してくれて自動で運用をしてくれるのです。感情にまかせたままよりも安定して利益をだすことができます。

Posted under 未分類

株式投資はFX自動売買で

By: Herry Lawford

株式投資を行う上で大切なのは、購入する銘柄の値動きをきちんと読むことと企業の調査分析をすることです。これから株式投資をはじめてみようと思っている初心者の方にとっては、どやって値動きを読めばいいのかや企業の調査はどうやって行っていいのか分からないことが多く、そういったレベルにあるにもかからわずプロのトレーダーと同じ相場で戦わなければならないのです。プロにはトレード経験が豊富で分析力があります。

銘柄の値動きを見ているとその値動きは過去の値動きを完全再現しているわけではないですが、ある一定のパターンがあります。トレード経験豊富であれば、過去のトレード経験からこのチャートパターンの場合は、どの方向に動きやすいかというのが経験則で把握ができます。すなわちチャートパターンから銘柄購入前に綿密なトレード戦略を立てることは可能なのです。しかし、トレード経験もなくまったくのはじめての場合であると経験不足のためチャートをみてもどう対応していいか判断しにくいところがあります。

そこで活用するのがFX自動売買です。FX自動売買には、プロの投資家やトレーダーと呼ばれる方のトレード手法やノウハウがプログラミングされている自動売買のシステムです。相場の見方がわからなくてもFX自動売買で過去のチャートパターンを頼りに売買を自動で行ってくれます。過去のチャートパターンの蓄積からだけでなくきちんとデータ分析も行ってくれます。すべての運用をプログラムにお任せができます。そのため相場の見方も分からないのに、値動きをじっとみて何となくこっちかなといった当てずっぽうのトレードではなく、きちんと相場を監視してデータに基づいてシステム運用ができます。値動きがどうなったら売買するといったことが自動で行われますので、感情をまったく排除してトレードができますので成績にムラがなく安定したパフォーマンスを出し続けることが可能です。

Posted under 未分類

相場が荒れそう、仕事後は困ったことになりかねない

By: wfabry

ユーロの値動きがしぶとく、なかなか上がってこなくて、かなり長い間待たされています。その間、取引していた分は、ほぼ全負けです。きっと上がってくる、その日まで待っているつもりです。まもなくすれば、重要発表があり、相場が大きく荒れるものと思います。そのときに、ユーロも準じて大きく上がる見込みです。

自信のほどはというと、あまりないですが、大きな稼ぎ時がやってきました。これまでしぶとく粘っていた値動きがようやく動き出し、利益をもたらすはずです。やがて値がぶんぶん動き出してくると、気分が動揺してきます。こういうときこそ、経験者の力を発揮したいところです。

予測どおりちょっと上げているから、ここらで利確しようかなと検討しています。とりあえず、この時点で利確しておけば、今日負けこんでいた分がだいたい戻ります。放っておくと、またいつもの取りこぼしになるかも、そう思うと気がかりです。

でも、まだ利確はしません。あと10pips狙っていきます。ここで利確するには、ちょっと、、どうかな、もうちょっと上がりそう、そんな気配がします。しばらくして、上がらなかったら利確する予定です。一応、ほぼ利益は確定したようなものです。

こういうときに、他に何か用事があって手を離せなくてチャートから離れていると負けるでしょう。何らかの仕事をしている間は、携帯電話の画面を見れないし、いまレートがどうなっているのかどきどきしながら期待するほかありません。ロスカットにならなければなぁ、利益が出ていればなぁ、と考えています。

仕事が終わって、携帯電話でFXの画面をみたとき、ショックを受けるか、利益の増加に驚くか、のどちらかです。このときには、二択だから、どちらかの結果がでます。変化がなかったなら、まだましです。専業トレーダーにはいくぶん有利に取引可能な環境があります。だからといって、仕事を辞めてまでする必要はないですが、ストップロスの指値注文ぐらいは入れて仕事すべきです。

Posted under 未分類

スプレッドの小さいFXは外貨預金より利益が大きくなりやすい

By: Robert Sheie

世界の中で古くから使用されている投資といえば、投資信託と株式でしょうが、最近のなかでこれからも生き残るであろう投資法といえばFXではないでしょうか。FXは21世紀になる直前に大々的に始まりましたが、歴史は実はその前からあって個人に許可がおりたのが新しめということです。

しかし、FXを仕組みは為替相場を使っているということをしって、まず頭に思い浮かべるのは外貨預金のことではないでしょうか。外貨預金とFXは同じではないかというふうに勘違いしている人もいますが、FXは確かに外貨預金と似ているところもありますがFXならではのポイントあるのです。

まずFXは外貨預金より手数料が安いことは魅力なのではないでしょうか。外貨預金って為替レートによって利益が出ても一円近い手数料でもうけの幅を小さくされてしまうストレスがあります。けれどFXならば手数料は外貨預金の半分以下というところや通貨が多くて、儲けの幅を圧縮されずに平気なのです。

また、外貨預金には予約機能がないところもあり、自分がまさにFXでいうリアルタイムトレードをしないといけない面倒くさいところがあります。しかし、FXの場合IFO注文なんかにしておけば買いから売りまで、または売りから買いまで勝手に指定したとおりにやってくれているのです。

最初のうちはリアルタイムトレードしかしてなくて、そういう予約機能は必要ないかなと思っていてもそのうちリアルタイムトレードよりIFO注文などのほうが便利だということに気づきます。
自分がその場にいなくてもできるんですからそういう機能はあって損なことはありません。

FXにはほかにもいろいろな注文の出し方があり、よく機能はシンプルな方がいいという人もいますが、たくさんある分にはいろいろなときにカバーしてくれるのでメリットのほうが将来的にいえば大きいと思います。FXと外貨預金の違いはデメリットでいうとロスカット、マージンコールとありますが、それでもスプレッドの小ささで上回るFXには稼げる利益が大きくなりやすい投資法です。

Posted under 未分類

無事、日銀金融政策決定会合を通過。クロス円は底堅い

By: Moyan Brenn

8月7日。東京時間がスタートしたときに前日比マイナスで寄り付いた日経平均は午後になると上昇して20696円で前日比+32を推移しています。お昼に日銀金融政策決定会合の発表がありました。マネタリーベースは年間80兆円の増加を維持することが決まりました。発言は、先行きの景気、緩やかな回復を続けていく。

消費者物価・前年比、当面0%程度で推移する見込み。経済・物価の上下双方のリスク要因点検し、必要な調整行う。リスクは新興・資源国、欧州債務・景気・物価、米回復ペース。金融政策の現状維持は8対1の賛成多数、反対は木内委員。内容は特に変わったことはなかったため、米ドル円は反応なしで、引き続き米雇用統計に向けて大人しい値動きになっています。発言に対しても反応なしです。

東京時間午後のクロス円は底堅いです。午前中、RBAが公表した四半期金融政策報告で、2年間のインフレ率を2.5%に上方修正したことが伝わると豪ドル円は上昇して92円を回復しました。中国株も調子がいい状態だったので、豪ドル円を92円手前でロングしました。本番の取り引きではなくデモトレードで行いました。92円を抜けて値が進んだけど、レートの勢いが衰えてきたのを感じたので、すぐに利益確定させました。

獲得できた値幅はたったの4PIPS。現在は91.89まで下がっています。損切りを置いた位置に来ています。これは利益確定をサッとしてよかったです。うまく勢いを見極められました。上昇してもすぐに戻ってきてしまうのがやっぱり東京時間だなと思います。欧州時間だったらもっと行くのに。92.09まで更新した高値は本日中に越えることができるのでしょうか。

この水準を維持していることを条件に期待感から雇用統計前に円売りがあると発表前に越えるかも。豪ドル円、92円を完全に回復してほしいですね。また90円に向かって行って、レンジだったなんてことは勘弁してほしいです。売りは苦手だし、トレンドが出ていない相場も苦手です。

Posted under 未分類