スプレッドの小さいFXは外貨預金より利益が大きくなりやすい

By: Robert Sheie

世界の中で古くから使用されている投資といえば、投資信託と株式でしょうが、最近のなかでこれからも生き残るであろう投資法といえばFXではないでしょうか。FXは21世紀になる直前に大々的に始まりましたが、歴史は実はその前からあって個人に許可がおりたのが新しめということです。

しかし、FXを仕組みは為替相場を使っているということをしって、まず頭に思い浮かべるのは外貨預金のことではないでしょうか。外貨預金とFXは同じではないかというふうに勘違いしている人もいますが、FXは確かに外貨預金と似ているところもありますがFXならではのポイントあるのです。

まずFXは外貨預金より手数料が安いことは魅力なのではないでしょうか。外貨預金って為替レートによって利益が出ても一円近い手数料でもうけの幅を小さくされてしまうストレスがあります。けれどFXならば手数料は外貨預金の半分以下というところや通貨が多くて、儲けの幅を圧縮されずに平気なのです。

また、外貨預金には予約機能がないところもあり、自分がまさにFXでいうリアルタイムトレードをしないといけない面倒くさいところがあります。しかし、FXの場合IFO注文なんかにしておけば買いから売りまで、または売りから買いまで勝手に指定したとおりにやってくれているのです。

最初のうちはリアルタイムトレードしかしてなくて、そういう予約機能は必要ないかなと思っていてもそのうちリアルタイムトレードよりIFO注文などのほうが便利だということに気づきます。
自分がその場にいなくてもできるんですからそういう機能はあって損なことはありません。

FXにはほかにもいろいろな注文の出し方があり、よく機能はシンプルな方がいいという人もいますが、たくさんある分にはいろいろなときにカバーしてくれるのでメリットのほうが将来的にいえば大きいと思います。FXと外貨預金の違いはデメリットでいうとロスカット、マージンコールとありますが、それでもスプレッドの小ささで上回るFXには稼げる利益が大きくなりやすい投資法です。

Posted under 未分類